前と違うメーカーの給湯器に交換することはできるのか?


給湯器の交換については、同じメーカーを選べばメンテナンスの手配にも迷うことなく、現在利用している給湯器の業者に連絡を取ることができます。しかし違うメーカーを選んでも問題がないことがほとんどです。ただし、設置スペースと本体の大きさには注意が必要です。

 特に、PS設置タイプの場合は、設置できるスペースが限定されています。そのため、故障した給湯器と同じメーカーの商品にしか交換できないことがあるのです。
※(PS:パイプシャフト/パイプスペース)については、こちらをクリック;
給湯器の種類と探し方

 また、本体と連動したガス式の浴室暖房乾燥機、床暖房を取り入れている場合は、違うメーカーでも対応できますが、同じものを選ぶことをお勧めします。なぜなら、不具合やトラブルが起きた時に、給湯器に問題があるのか、浴室暖房乾燥機が原因で起きたのか判断しにくいからです。

 


このように、違うものに交換することができますが、注意点があるということも知った上で検討することが大切です。(詳しくはこちらをクリック※給湯器の故障で他のメーカーに交換する場合には)


それから、大問屋CLUBサイト上の様々なカテゴリーリンクをクリックして頂くと、大問屋が施工した給湯器の別メーカーに交換事例をご覧頂けます。